青の花茶は抗酸化作用の高いハーブの一種「バタフライピー(超豆)」を配合している事が特徴でダイエット効果も期待できる健康茶です。

 

私も実際に購入して飲んでみたので、得られた効果についてレビューしていきたいと思います。実際に飲んだ人の良い口コミと悪い口コミをまとめましたので購入をお考えの方は参考にどうぞ!

 

公式サイトはこちらです

⇒https://lp.aonohanacha.jp

 

 

青の花茶の効果は?特徴をまとめました

青の花茶はダイエット効果も期待できる健康茶ですが、渋みや変わったニオイなどもなく、ほのかな甘味と爽やかな風味の美味しいハーブティーです。

 

バタフライピーとは

バタフライピーはポリフェノールのひとつであるアントシアニンを豊富に含んでおり、高いアンチエイジング作用に期待が持てる成分です。

 

その他にも眼精疲労の改善やリラックス効果もあり、東南アジアなどでは食卓に並ぶ事も多い一般的に広く食べられている食材でもあります。

甘味の秘密は…

青の花茶にはほのかな甘味がありますが、この甘味を出しているのは漢方でも有名な甜茶によるものです。

 

甜茶には抗炎症作用や抗アレルギー効果があるため、不健康な身体サイクルを正常化し体質改善に役立ちます。

体のめぐりを正常化するその他のサポート成分

青の花茶には、動脈硬化の予防やコレステロールを抑制させる働きのあるアマチャズルやメグスリノキ、ラフマといった人体の循環サイクルを整える成分が配合されており、健康増進やデトックスにも期待ができます。

 

安心の天然由来成分

青の花茶を初めて見た方は、その鮮やかな青色に驚かれる人も多いようですが、この色素はバタフライピーに含まれるポリフェノールのもので、着色料などの添加物は含まれておらず、誰でも安心して飲む事が出来る商品となっています。

 

青の花茶の効果は?どんな成分が入っているの?>>

青の花茶を実際に飲んだ人の口コミ

良い口コミ

美味しいです!お気に入りのお茶です! 40代女性の口コミ

実際に飲んでみるまでは、どちらかといえば美味しくなさそうで敬遠しているところがありましたが、口コミの評価が良かったのと、お試し価格で安く購入出来るという事を知りダメもとで買ってみたら、普通に美味しくてすっかり気に入ってしまいました。

美味しい事が分かっていると、お茶を淹れた時の鮮やかなオリエンタルブルーが見た目にも綺麗でリラックス出来ますね。パックをボトルなどに入れたまま持ち歩いても味が変わらず苦味が出ないのも良いところだと思います。

 

冷え症やお通じも改善 50代女性の口コミ

大体健康茶は飲みにくくて苦味なのですが、これはちょうど良い甘味があって続けやすかったです。

毎晩寝る前に飲むようにしてましたが、これを飲むと気分が落ち着いてよく眠れるようになりました。ついでに冷え症やお通じも改善して、毎日体調良く過ごせています。

 

4キロの減量に成功! 30代の女性の口コミ

青の花茶を毎日飲んでいただけで、特別に運動や食事制限などもしていなかったのですが、2ヶ月で4キロの減量に成功しました。

いつもホットでいただいていると、飲んだ後から身体がぽかぽかしてきて、身体中に血が巡っているのが分かります。しかもぽかぽかがかなり長続きするので、寒い日に飲むのも良いですね。

 

ノンカロリーだしノンシュガーだしノンカフェインだし…飲む状況やタイミングを選ばないので、忙しくてダイエット出来ないという人におすすめしたいですね。

 

口コミでは、飲み過ぎてお腹が下ったという方もいたみたいなので、飲み過ぎないように注意する必要があるみたいです。

青の花茶の飲み方

青の花茶はティーパック1包を1日分の目安として使用します。カップに入れてお茶を出す事も出来るので、急須がなくても飲める所が便利ですね。

ティーパックを入れたままで放置しても苦味やエグミなどが出にくいので、マイボトルに入れて外出先にも持ち歩いて、いつでも飲めるようにすると効率が良くなります。

ホットで飲むと、体のめぐりを高める事に期待が出来ますが、氷を入れてアイスで飲んでも爽やかで美味しいですよ。

飲むタイミングとしては、基本的にはいつ飲んでもOKです。カフェインも含まれていませんので、寝る前に飲むのもおすすめです。

 

青の花茶にはリラックス効果もありますので、睡眠効率が高まって美容や健康を促進してくれます。

 

睡眠中は身体をメンテナンスする時間でもありますので、そういった身体の調整・修復機能をサポートする効果を高める事にも繋がります。

青の花茶の飲み方アレンジ!作り方レシピ

青の花茶豆乳割り・作り方


豆乳をグラスに注ぎ(アイスの場合は氷も入れておく)、そこにお湯で出した青の花茶を加えるだけ。お互いの比率は5:5です。

 

とても簡単ですが、豆乳が持つ元々のほのかな甘みと、青の花茶のすっきりとした甘みがマッチして、普通に飲むよりマイルドな味わいを楽しむ事が出来ます。

 

寒い時期には豆乳をレンジで暖めてもGood。寒さで縮まった血管が開きぽかぽかと身体を温めて、代謝アップでダイエット効率も高まってくれますよ。

 

ちなみに、アクセントにレモンやライムなどの柑橘系の果汁を少し加えると、味が締まってさらに飲みやすくなります。

 

青の花茶アーモンドミルク割り・作り方

最近流行りのアーモンドミルクと青の花茶、夢のコラボレーションです…か?

 

作り方は豆乳割りと同じですが、アーモンドミルクは味がちょっと独特なので、青の花茶を普段より少し濃いめに出しておくのがポイントです。

 

若干糖分が多めなので飲み過ぎは禁物ですが、アーモンドミルクのカロリー自体は低めになっていますので、夜に飲んでも問題はありません。

 

青の花茶と同様、アーモンドミルクにも身体の巡りを整えたり、お肌を健康に導く働きを持っているので、効果的にも青の花茶との相性はバッチリです。

 

なお、市販のアーモンドミルクには幾つか味の種類がありますが、青の花茶の爽やかな風味を生かすために、出来ればプレーン(レギュラー)を使うようにしていただきたいところです。

青の花茶オレンジジュース割り・作り方

飲み口の爽やかさを追求するなら、オレンジジュースで割るのがオススメ。

 

作り方は豆乳割りとほとんど同様で、グラス半分に注いだオレンジジュースの上から、同量のお湯で抽出した青の花茶を加えるだけです。

 

普段使用しているグラスで作っても勿論OKですが、少し大きめのピッチャー(水差し)に氷をたっぷり入れ、その中にオレンジジュースと青の花茶を注いだ後、その上にカットしたオレンジなどの果物をトッピングすると、ちょっとリッチなリゾート気分が味わえますよ。

 

割るものはオレンジジュース以外にも、アップルジュースやサイダーなどで作っても美味しいですが、せっかくの低カロリー・糖質OFFを生かすなら、あまり加糖されていないジュースを選びましょうね。

 

ジンジャー青の花茶・作り方

青の花茶をホットで飲む時にオススメのアレンジレシピです。これを飲むと身体の巡りが高まって、脂肪燃焼効率アップや冷え症の改善などに効果が見込めます。

 

これも作り方はとても簡単、お湯で出した青の花茶にすりおろしたショウガを加えるだけでOK。

 

ショウガの繊維感が気になる方は、茶漉しで漉すか、清潔な布巾やキッチンペーパーにくるんで、エキスだけを搾ると良いでしょう。

 

ショウガを加えると少し辛みがあり、やや大人の味といった味わいになりますが、もっとまろやかな味にしたいなら、蜂蜜や牛乳・豆乳などを追加するのもオススメです。

 

青の花茶ゼリー・作り方

「水分だけじゃお腹空いちゃう!」…という、置き換えダイエットに青の花茶を利用している方にオススメのアレンジです。

 

〈材料〉

  • お湯で抽出した青の花茶…300ml
  • 砂糖(低カロリー甘味料で代用可)…30g
  • ゼラチン…5g
  • お湯…大さじ1.5~2杯

 

まず、ゼラチンとお湯を混ぜ合わせておき、ゼラチンを十分にふやかしておきます。

 

ゼラチンがしっかりふやけたら、玉にならないように少量ずつ青の花茶(抽出済み)を加え、全量を加え終わったら砂糖を入れてしばらく置きあら熱をとります。

 

あら熱がとれたらお好みの容器に注ぎ冷蔵庫で2~3時間ほど冷やせば完成です。

 

ちなみに、上記分量で作ると、ゼリーののど越しを追求したちょっと柔らかめの食感になりますので、固めが好きな方はゼラチンを少し増やしてみると良いかと思います。

 

カロリー調整に余裕があれば、生クリームやみつ豆なんかをトッピングしても美味しいですし、青の花茶を牛乳や豆乳で割ったものを使うと牛乳(豆乳)プリンになりますよ。

 

これだけ色んな飲み方があると、毎日楽しみですよね!

 

青の花茶を実際に飲んだ感想

味はほのかな甜茶の甘味があり、香りは爽やかな感じで飲みやすかったです。甘いと言っても他の食材の味を邪魔するようなものではなかったので、食事のときのドリンクとしても良く合いました。

 

ダイエット効果については購入から1ヶ月で1.5キロほどの減量になり、別のダイエット法で体重の変化が停滞している時だったので、目標体重までのもう一押しとして非常に役に立ちました。

青の花茶はこんな人におススメ

ダイエットに興味はあるけど努力はしたくない人

ダイエットと言えば辛い運動や厳しい食事制限がイメージされますが、青の花茶は体質の根本から痩せやすく・太りにくい身体に改善し、無力なく痩せる事が出来ます。

 

ダイエットが長続きしないという人や、頑張ってもなかなか痩せない人、ダイエットの停滞期を打開したいという人に特におすすめです。

 

口コミでは、青の花茶を飲んでいただけで痩せられた!という方が多くいました。

 

忙しくて自分の体型や健康に気を配る暇が無い人

ダイエットや健康増進にはそれなりの手間暇が掛かってしまうのが当然というところですが、青の花茶は食事の合間や水分補給の際に飲むだけなので、時間や場所を気にせず忙しい時にも簡単にダイエットや健康ケアが行えます。

 

出来るだけ費用を安く抑えたいという人

健康茶と言えばちょっとお高い印象があるかもしれませんが、この青の花茶は1日分が約200円程度で続けられるので、コストパフォーマンスは非常に優秀です。

 

効果は良くても不味いのはちょっと…という人

健康茶は苦味や渋味がとても強いものや、独特でクセのある風味のものが多いですが、青の花茶は程よい甘味があり非常に飲みやすいのが大きな特徴です。

 

ホットで飲んでもヘンなニオイなんかはしませんし、冷やして飲んでもすっきりとした後口で美味しくいただけますよ。

 

口コミでも、青の花茶は味が美味しいから続けられる!という方が多くいました。甘いのにカロリーゼロというところが嬉しいですよね!

 

青の花茶のメリットとデメリット

メリット

  • 健康茶なのに美味しい
  • コスパが良い
  • ダイエットと健康・美容ケアが同時に出来る
  • 安全性が非常に高い

…というのが青の花茶のメリットです。詳しい説明は既に述べた事ですので割愛します。

 

デメリット

効果には個人差が

ダイエットや健康維持などに高い効果を持つ商品ではありますが、実感の大小についてはやはり個人差があります。

 

他の人と同じ使い方をしたとしても、自分にそれと同様の結果が訪れるという確証は無いとも言えますが、実際に青の花茶を使用したユーザーのほとんどが何かしらの改善が見られたという評価をしていますので、信頼性はかなり高いものであると思います。

 

結果が出るまでに時間が掛かる

早い人なら数週間から1ヶ月程度でダイエットや健康増進効果を感じられる人も居られますが、基本的には2ヶ月・3ヶ月と継続して使用していくうちに、少しずつ体質改善していくという商品です。

 

すぐに効果が表れないという時でも、しばらくは様子を見ながら継続してみる事をおすすめします。

 

口コミではすぐに効果実感できた!という書き込みもたくさんありましたが悪い口コミの中には、変化を感じるまで時間がかかったという方もいました。

 

定期購入コース(ラクトクコース)に回数縛りがある

定期購入をすると商品価格が割引されたり送料が無料になったりと、費用的にはかなりお得にはなりますが、その代わり「3ヶ月の継続が必要」という規定があるため、特別な理由が無い限りは途中解約が出来ず、どうしても解約する場合には違約金が発生する可能性があります。

 

青の花茶の詳細はこちら>>

青の花茶のよくある悩みを解決

Q、色が作り物っぽいんだけど…着色料とかが沢山入ってるんじゃ?

A、青の花茶の鮮やかなブルーは、バタフライピーから出る完全食品由来の天然成分アントシアニンの色。

 

これに果実などのクエン酸が加わると、ブドウやブルーベリーと同じ紫色に変化します。

 

というわけで合成着色料などの添加物は一切含まれていませんので、どなたでも安心してお召し上がりいただけます。

 

青の花茶の詳しい成分についてはこちらをどうぞ!

青の花茶の効果は?どんな成分が入っているの?

 

Q、夜飲むと眠れなくならない?

A、お茶といってもカフェインは含まれていないため、就寝前に飲んでも眠りを妨げる事はありません。むしろリラックスできる成分が配合されているので、睡眠改善にもおすすめしたい商品です。

 

Q、甘いけど太らない?

A、青の花茶はダイエット中の方にも安心のノンカロリー。程よい甘さは甜茶からくる自然の甘味ですので、砂糖などの甘味料は含まれていません。

 

Q、副作用はありますか?

A、本的には副作用などの身体への悪影響の心配はありません。ただし、食物アレルギーの方や稀に体質に合わないという方が居られる可能性はありますので、使用中に体調に異変を感じた場合には使用を控えるようにし、体調が改善されない場合は医者の診察を受けるようにして下さい。

 

青の花茶の危険性や副作用について詳しくはこちら!

青の花茶は妊娠中に飲んでも大丈夫?危険性や副作用はある?

 

Q、本当に飲むだけでいいの?

A、齢による代謝の低下や、不規則な生活サイクルによる体調の乱れからくる肥満や不調の場合は、基本的に飲むだけでも十分な効果が得られると思います。

 

しかし、暴飲暴食や過度の運動不足などの場合は、やはり普段の生活を見直す事を合わせて行わなければ、良い結果が得られないという事もあるでしょう。

 

また、出来るだけ早く痩せたいといった場合にも、運動や食事制限を並行して行う事で、より高いダイエットに期待が出来るでしょう。

 

Q、作り置きしてもいい?

A、保存料などが含まれていないため、淹れたら出来るだけ早めに飲むのがベストかとは思いますが、冷蔵庫できちんと保存しておけば数日程度は保ちますので、明日の分を夜のうちに作って冷やしておくとか、ボトルに入れて1日持ち歩くというのは全く問題ありません。

 

効果的な飲み方はこちらをどうぞ>>

青の花茶の販売店は?楽天やamazonでも購入できる?最安値はどこ?

青の花茶の販売店はどこ?

青の花茶は「メディアハーツ」という健康食品メーカーが開発・販売を行っています。テレビCMや雑誌・インターネットの広告で「すっきりフルーツ青汁」という有名な商品を見かけた事のある方も多いと思いますが、この青の花茶も同じメーカーさんの商品です。基本的に通販専門のメーカーさんですね。

 

青の花茶は楽天で購入出来る?

残念ながら、楽天では青の花茶の取り扱いはありません。

 

青の花茶はamazonで購入できる?

楽天と同じく、Amazonでも青の花茶は販売されていないようです。まあ、メディアハーツさん自体がかなり大きなメーカーですので、わざわざ外部サイトに販路を敷く必要も無いでしょうし、その分の人件費や運営費を自社販売のキャンペーンに充てた方が、購入者にダイレクトに還元出来て良いのではないかと思います。

 

青の花茶を最安値で購入するにはどこ?

青の花茶を購入するならば、公式サイトの商品特設ページからの購入が最もお得に手に入る方法だと思います。

 

こちらのページから購入すれば、「30日間の全額返金保証」や「初回購入79%OFF」といったキャンペーンも行われていますし、

 

返金保障や定期購入の解約についてはこちら

 

定期購入を継続するほど購入価格がどんどん安くなるといったサービスもありますので、青の花茶は公式サイトからの購入を強くおすすめしたいところです。

 

初回980円で購入出来ます!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

投稿日:2017年4月16日 更新日:

執筆者: